メンズ

会社の跡継ぎに困ったらM&Aの一覧を見てみよう

手間なく検索できる利点

ビル

情報把握を円滑化

M&Aには株式譲渡や事業譲渡、合併や会社分割など様々な手法があります。そのため、M&Aを希望する会社を一覧で確認すると、効率が良いと言われています。買収や譲渡をしたい側として欲しい側の間で、希望条件等のミスマッチを未然に防ぐことも可能だからです。M&Aの希望会社一覧には、業種・業態、事業概要、直近の売上高などの情報が明記されています。さらに、どのようなM&Aの手法を希望しているのかも記載されているので、双方の希望がマッチングしやすくなっています。一覧の中からM&Aをする会社を選ぶだけという単純な方法ではありませんが、円滑に選択肢が見つかるでしょう。会社の特徴もわかれば、今後の展望を把握するのも容易です。

理由も分かれば事業拡大に

M&Aを希望する会社を一覧表でチェックする際は、どのような理由があるのかも確認しましょう。ほとんどのM&A希望会社の一覧表には、譲渡理由などを紹介しています。M&Aは企業利益を求めて行うものであり、マイナス要素が見られる場合には適した企業ではないと判断するケースもあります。さらに詳細な情報を把握するには、一覧を提供する仲介者との相談が必要になります。しかし、一覧であらかじめ概要の把握をすることが必須です。一覧からピックアップした会社で、自社に不足する経営資源が手に入るのか慎重に検討するのが理想的です。業種によっては有資格の専門家を必要とするので、現存スタッフを継続雇用できるのかどうかなどの問題もあります。

仲介業者の大切さ

握手

M&Aに仲介業者が必要な理由としては、M&Aの相手候補の一覧が増えることや、会社間の話し合いを中立的な立場から交渉できるという点が挙げられます。仲介業者を選ぶ時には、実績や経験を踏まえて、手数料が低いかという点に注目しましょう。

もっと見る

選択肢を見て選ぶこと

女性

M&Aを行うのであれば、優れたサポートを受けるために、仲介会社を選ぶことが大切です。仲介会社を選んだあとに買収する企業を決めることになりますが、どの企業を買収するかは選択肢を一覧にして、条件を比較するようにしましょう。

もっと見る

多くの企業が行っています

男の人

M&Aを行う際に、強力な味方となってくれるのがコンサルティング会社です。コンサルティング会社では、M&Aが可能な企業の一覧などを提出してくれます。それらの中から自社にとって魅力的な企業を見つけるようにしましょう。

もっと見る